契約書にある極度額って?限度額とは違うの?

キャッシングを契約するとその詳しい内容が記載された契約書の発行を受けますが、そこには極度額という記載はあっても限度額はどこにも書かれていないことに気付くと思います。

これが限度額かと思っても、実際の限度額よりかなり高くなっていることがほとんどです。では、この極度額とは何なのかと言えば、他社からの借り入れ一切なく、他にも審査に不利になる条件が全くない場合において、最高でこの人にここまで貸すことができるという金額です。

その為、多くの場合は年収の1/3に当たる金額がそのまま記載されています。実際の限度額は30万円でも、年収が300万円の場合は極度額は100万円となっているはずです。今はそこまで借りることはできなくても、今後そこまで借りられるようになる可能性があるということです。

何故限度額を記載しないのかというと、限度額は利用状況などによって変化することがあるからです。極度額の記載だけにしておくことで、限度額が変わる度に契約をし直す必要が無くなります。また、極度額までの金額であれば実際にどこまで貸すかは貸す側が自由に決めることができるので、このような記載になっているのです。

現在の実際の限度額は自分で覚えておくのが一番ですが、ATMを利用する際や利用明細書などから確認ができます。すぐに知りたい場合は電話で利用しているキャッシング会社に聞いても構いません。

このように、極度額はあくまで将来的に借りることができる可能性のある最高金額なので、契約書が届いて最初にこれを見て、ここまで借りられると勘違いしないように気を付けてください。