有担保のキャッシング契約はデメリットばかりではない!

キャッシングローンと言えば、無担保・保証人無しの銀行や消費者金融のローン商材が一般的です。しかしながら、カードローンやフリーローンは、担保が無い分、自身の信用情報や返済能力に影響されてしまい、高い金利で契約してしまいます。担保が無い分、財産を失うリスクが無いと考えでしまいます。

一方、キャッシングローンには有担保ローンすなわち不動産担保ローンがあります。取り扱っているのは貸金業者となり、銀行カードローンやフリーローンよりも低い金利で契約が出来ます。ですが、不安に思うことは万が一の際は、不動産やマイホームを失うということです。

ですが、銀行カードローンやフリーローン、消費者金融の無担保キャッシングローンも不動産やマイホームを失うリスクは同等です。自己破産の場合、高額かつ換金可能な財産は、債権者へ分配されます。つまり、不動産やマイホームを失いたくないからといって無担保のキャッシングローンを契約するメリットはほとんどありません。

むしろ、高い金利により高額な利息が発生するため、返済リスクは無担保キャッシングローンの方が高くなります。

そのため、確実に返済が履行できるという方は有担保ローンを利用することの方がメリットになります。

貸金業者には、不動産事業者も多く、適切な審査を期待することも可能です。