新社会人の増額申請は最低1年は待つべき!

20歳以上なら銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンを契約することが可能です。特にカードローンは借り入れの都度審査が不要と便利な点があります。大手消費者金融の場合、新社会人でも低い利用限度枠で契約することができ、何かと出費に悩む場合には強い見方となります。

しかし、新社会人の契約は信用度や収入の面で契約は不利であり、一定期間が経過すると限度枠を足りないと感じ始めます。この際、利用限度枠の増額申請を行うことで契約内容の見直しは可能です。しかし、新社会人の場合、増額申請は最低1年は控えるべきと言えます。

1年が経過すると正確な収入が分かり、税金や社会保険料を差し引いた可処分所得も確定します。しかし、1年を満たない場合は判断する情報が無く、不利になっています。先ずは、1年間は増額申請を控え、条件がかたまるのを待つのがポイントです。