キャッシングを利用している人の銀行ローンの活用

消費者金融会社でお金を借りる場合、キャッシングという融資サービスを利用するのが一般的であり、国内にある消費者金融会社ではキャッシングで個人への融資に対応しています。キャッシングを利用する事で、様々な用途で融資されたお金を使っていく事が出来ますが、キャッシングは総量規制という仕組みの対象になっており、貸金業法の下で運用されている為、総限度額が年収の3分の1までに制限されています。

総量規制による限度額の制限を避ける方法としては、銀行ローンの併用があります。銀行ローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは関係無しに運営されており、その為、総量規制の対象外となっています。銀行ローンの使い勝手は、キャッシングと同様であり、借りたお金をユーザーが好きな使い方を行えます。利息もキャッシングよりも低めに設定されているケースが多く、特にネット銀行は利息が低いですので、キャッシングとの併用に適しています。提携ATMはグループ銀行のATMやコンビニATMが使えますので、場合によってはキャッシングよりも数多くのATMで融資や返済が出来ます。

銀行ローンを使う事で、キャッシングだけでは賄いきれない事を賄っていくことが出来ますので、銀行ローンとキャッシングの併用は効果的です。