キャッシングの限度額は信用情報次第で変わる

キャッシング申込みを行った時に設定される初回利用限度額は、希望借入額を目安として金融業者側で設定されることが少なくありません。なぜなら、設定される利用限度額ごとに審査基準が異なるので、利用限度額30万円と100万円では、必要とされる収入証明書提出有無だけでなく、審査通過難易度まで違いが出るからです。審査通過を最優先として審査を受けるならば、希望利用限度額は低めに申告しておくと良いでしょう。

カードローン契約が完了して、実際に借入と返済を続けていると、利用限度額の増額申込み案内が来ることもあるでしょう。金融業者は、途上与信と呼ばれる一定間隔で個人信用情報機関へ信用情報照会を行って、他社借入と返済状況を確認しています。

一気に他社借入額が増えた場合や、他社での滞納が判明した段階で、限度額設定を変更する可能性があります。直接限度額を変更する手法を取らなくても、利用可能額を減らすことにより一時的な制限を掛ける方法を行っている金融業者が少なくありません。

主に貸金業法による融資を行なう消費者金融では、利用限度額全てを借入していなくても、総量規制に抵触する可能性がある場合には利用可能額を減額して対応しています。次の専用キャッシングカード更新時にカード利用停止とするケースもあるので、他社も含めた借入状況が一気に悪化しないように、注意しながら借入と返済を行なうと良いです。