キャッシングにおける近年の収入証明書の扱いについて

キャッシングにおいて、申し込みの必要書類に収入証明書が求められるようなケースがあります。

収入証明書は基本的にその人の収入がどれくらいあるのかというのを把握するために必要なもので、昔はほぼ必須といっていいレベルで求められるものでした。

ですが、近年では収入証明書は原則的に不要というようなところが多いです。

理由としては、近年の審査の機械化により、おおよその返済額や返済可能性に関してはデータにより管理されており、

個々の収入を必ずしも求めなくてもよくなったことや、限度額によってはわざわざ出さなくてもいいレベルにあるようなものなら不要と判断していることが多いからです。

ただ、必ずしも提出をしなくてもいいというわけではなく一定の金額以上の借り入れが必要な場合や、増額請求などをするようなケースにおいては

収入証明書はなお必要というようなところは多いです。

ですが、必要なレベルになるには消費者金融ではおおよそ50万円以上、銀行系のカードローンの中には300万円以上といった感じで

結構緩和されているような部分もあります。

もちろん、収入証明書を出しておいた方が、審査に通りやすいケースもあります。

ただ、今となってはそこまで求められてなくなっては来ています。